Officeを購入費用は?Microsoft Officeの販売形態の移り変わりと価格のご紹介

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、一部のOffice製品を購入していても、すべてのOfficeソフトの価格を把握している方は少数で しょう。 ここでは、Microsoft Officeの各種ソフトの販売形態の移り変わりと、簡単に機能、価格の説明を していきます!

Microsoft Office

だが、Microsoft Office の導入方法は異なり、かつてのパッケージ版だけでなく、常に最新バージョンを利用できるOffice 365、新規パソコンに付加されるOffice Premium などの新しい製品が続々と登場し、Office 2016 の購入や選びが複雑になりました。「Officeの購入ならパッケージ版だよね」と知名度の高さだけを頼りに購買に走ることなく、 長く満足して新しいOfficeを使いならば多少高くてもほかの導入型式にも注目する必要がある。

かつての永続ライセンス型Office 2016 パッケージ版、一括払い

マイクロソフトオフィスの中でOffice 2016 パッケージ版はまだまだ人気を集めている。永続ライセンスで一回購入するとマイクロソフトのサポートが終了まで10年間使えるからだ。

Office 2016 パッケージ版の中でもOffice Personal 2016 、Office Home and Business 2016 、Office Professional 2016 という三つのエディションがあり、含まれるオフィスアプリの内容が異なります。

価格から比較すると一番安いのはOffice Personal 2016。表計算や文書作成など、基本的なツールをご家庭で利用 する方に最適なパッケージ製品です。

Office-Personal-2016
Microsoft Office Personal 2016

Windows 最大 2 台でご利用いただける永続ライセンス。
Word 、Excel、Outlook を搭載。
値段は \ ¥32.184円






2位に入っているのが、Office Home and Business 2016 。ご家庭での基本的な作業に加え、プレゼンテーションなど、仕事でも使用する方に最適なパッケージ製品です。

Office-Home-and-Business-2016
Microsoft Office Personal 2016

Windows 最大 2 台でご利用いただける永続ライセンス。
Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote を搭載。
値段は \ ¥37.584円






3位に入っているのは、Office Professional 2016。ビジネスを強力に支援するOfficeで、仕事を効率化したい方に最適なパッケージ製品です。

Office-Professional-2016
Microsoft Office Personal 2016

Windows 最大 2 台でご利用いただける永続ライセンス。
Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote、Access 、Publisher を搭載。
値段は \ ¥64.584円






Office 2016 パッケージ版のデメリット、最新版に無料アップグレードできない

現在も市場に売れ続けているOffice 2016 パッケージ版だが、留意したい点がある。マイクロソフトオフィスの最新版であるOffice 2016はパッケージ版でも販売され、共通編集、スマート検索、テーマ変更などの機能が追加されましたが、常に最新バージョンを利用するなどの新機能を利用できないのは残念だ。

まずは、マイクロソフトから提供している新機能Office 365サービスを利用できません。

Office 365サービス
2 台のタブレット (iPad® および Android タブレットを含む)、および 2 台のスマートフォンで、Office のプレミアム機能をご利用いただけます。
1 TB のオンライン ストレージ サービス (OneDrive) が利用できるので、作成したドキュメントをローカル マシンと変わらない感覚でスムーズにクラウドに保存。どこからでもアクセスできます。
Skype から携帯電話や固定電話への通話が毎月 60 分無料になるので、通話料の節約に役立ちます。国際通話にもご利用いただけます。






もう1つ覚えておきたいのが、Office 2016をWindows版と Mac版で両方使えないこと。パソコンに2台までインストールできますが、Macで使いたいなら Mac版対応のパッケージ版を購入する必要があります。

Microsoft Office の新しい利用方法であるOffice 365であればこれらの新機能をすべて利用できます。

Office 365サブスクリプション版、購買型

Microsoft Office の新しい利用形態であるOffice 365。月額、あるいは年額で使用料を支払うタイプの料金プラン。契約期間中、ライセンスはデバイス単位ではなくユーザー単位で、1ユーザーは最大15デバイスまで最新版の Office をインストールできる他、スマートフォン、タブレット向けの Office アプリ、1TバイトのOneDrive、Skype の無料通話サービスなどが利用できます。(マルチデバイス対応)。

個人、家庭向け製品はOffice 365 solo。

Office-365-solo
Office-365-solo

Windows、Mac 2 台でご利用いただける。
Word 、Excel、Outlook、PowerPoint 、OneNote、 Access 、Lync を搭載。
スマートフォン、タブレットでもインストール可能。
常に最新バージョンのOfficeを利用できる。
年間契約は¥11.800円






プレインストールのOffice Premium

Office Premiumは、いわゆる、プリインストール版Officeの種類。2014年以降、従来のプレインストール版 Officeに代わって、Office Premiumという製品が、マイクロソフトより展開されています。
従来通り、Personal、Home&Business、Professionalの3種類がある。
Officeアプリ自身は、永続使用ができるのだ!更新なんて必要ありません。永久に無料です。一度、購入すれば、ずーっと使えて、しかも、ずーーっと最新版が使えるのだ。
Office 365サービスは1年間無料で使える。Office365サービスは当然有料。最初の1年間が終われば、継続利用するには、6,264円かかるようだ。
更新なんて必要ありません。永久に無料です。

価格は高めだが、3年後最新Officeを使うならOffice365だ

このように、パッケージ版やOffice365と比べれば性能面でデメリットを感じるOffice 2016パッケージ版だが、長期に使うと価格の安さは魅力的だ。もっとも低価格のOffice Personal 2016 は32.184円で入手でき永久に使えるからだ。Office 365 soloは、年間契約11.800円で利用できますが3年間以上使うとパッケージ版の価格を上回る。

だが、Office 2016のバージョンを購入後交換する必要が無いし、WindowsとMacに両方使う必要も無い。何より、新しい機能は使えようがない。3年後もOffice 2016のままで使いたい人ならば、パッケージ版を選んだほうがよいだろう。

Office 365 soloは、毎年料金を払い続けるとパッケージ版との価格差が大きいので悩みどころだが、前述のように、常に最新バージョンを利用できる、デバイス関係なくOfficeを利用できるなどのメリットがあります。3年後も最新のOfficeを利用したいならば、こちらがお薦めだ。