Microsoft Office Macを買うならサブスクリプション型の『Office365』がお得!

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Office Macを購入するなら、月間或いは年間で契約できるサブスクリプション型のOffice365が一番お得。そのお得度を永続ライセンス型のOffice2019と比べて見た!

現在Microsoftの提供している最新 Mac用 Officeには、サブスクリプション版の『Office365』と、永続ライセンス版の『Office Mac2019』がある。永続ライセンス版Officeは、一般的なソフトと同様に買い取り式で価格が高い反面、購入後は永遠に利用できる。それに対し、サブスクリプション版のOffice 365は、1ヶ月または1年間の契約制で、契約期間中の料金だけを払うので安価に運用できる。

Office365 Pro Plusは、Officeシリーズの全アプリ(AccessとPublisherはWindowsのみ)が利用できるにもかかわらず、1年間1万5,600円(一ヶ月1,300円にあたる)と、安価に設定されている。契約期間は自由に設定でき、途中で解約できるのも特徴です。例えば、年額で契約して、1ヶ月だけ使用後に契約を解除することもできる。

それに対し、永続ライセンス版のOffice Mac2019は、公式サイトなら、最も安価な『Office Home & Student 2019 for Mac 』が25,704円(税込み)で、利用できるOfficeアプリはWord2019、Excel2019、PowerPoint2019に限られる。Office Mac 2019は2台のMacにインストールでき、WindowsPCにインストールできません。

一方のOffice365 Pro Plusですが、5 台のMac或いはWindows PC、5 台のタブレット、5 台のスマートフォン、計15台のデバイスにインストール可能。永続ライセンス版と根本的に違うのは、MacでもWindowsでも良いこと。

Office Mac 2019は最新版Officeを無料で使えない。これに対し、Office365は、最新Office製品が出た時に新たな購入費用が発生しなく、今まで通、月払いか年払いで同じライセンス料金を支払えば良いだけ。

これで、MacとWindowsの両方でOfficeを使いたい
一度にそんなに多くの料金を出すのがちょっと…
常に最新版Officeを使いたい方にとっては、Office365は最適。

しかし、永続ライセンス版Officeは、価格が高い反面、購入後は永遠に利用できるでしょう?と思う方もいますね。

実は、永続ライセンス版Officeにはサポート期限がある。Office Mac 2019には発売後5年間のメインストリームサポート期限と、これに続き2年の延長サポート期限がある。延長サポート期限が過ぎても、Officeアプリを使うことができますが、Officeがウイルスに感染し、情報漏洩等のリスクがあるため、安全に使えるのは7年間だけ。

ということで、やはり1ヶ月または1年間で、契約期間中の料金だけを払うOffice365がお得。

注意してほしい!Office365を激安で買える方法もある。ネットショップで調べてみたら、Office365 Pro Plus 二年版を9,100円で発売されている店もあるが、超安いでしょう。公式サイトで一年版を15,600円で販売されています。

安すぎるので、インストールとライセンス認証できるかなと心配する方もいるでしょう。

インストール方法について、Office365 Pro Plusのダウンロードとインストール方法をご参照ください。