Windows 7 のサポート期限が近づく、Windows 10への移行をお勧め!

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了します。Windows 7からWindows 10に乗り換える前に早めの準備をして乗り換え当日に備えましょう!



Windows 7のサポート期限終了日は2020年1月14日

Windows 7のサポートは、製品発売後、最低 5 年間のメインストリーム サポートと、最低 5 年間の延長サポート (合計最低 10 年間) が提供されます。サポートが終了することで、セキュリティ更新プログラムの提供や、仕様変更、新機能のリクエストなどがマイクロソフトより受けられなくなります。

Windows 7のメインストリームサポート期間

Windows 7のメインストリームサポート期限は2015年1月13日で終了しています。

メインストリームサポート期限では、仕様変更、新機能のリクエスト、セキュリティ更新プログラム サポート、セキュリティ関連以外の修正プログラム作成の新規リクエスト、有償サポートインシデント サポート時間制サポートを受けます。

メインストリーム サポート期間が終了すると仕様変更や新機能のリクエストが終了し、無償のサポートも受けられなくなります。それで、現在Windows 7では、無償サポート、仕様変更、新機能のリクエスのサポートを提供していません。

Windows 7の延長サポート期間

2020年1月14日で延長サポート期間が終了します。

延長サポート期間が終了すると、仕様変更や新機能のリクエスト、無償サポートに加え、セキュリティの更新プログラムや、有償サポートなど、マイクロソフトが提供する重要な更新を含む、すべてのサポートが受けられなくなります。

法人向けWindows 7は「有償」で2023年1月までサポートへ

Windows 7の延長サポートが2023年1月までに3年延ばせると発表がありますが、それは法人向け製品です。それも「有償」で延長さえれます。

対象製品は、は「Windows 7 Professional」または「Windows 7 Enterprise」をボリュームライセンスで導入しているユーザーです。

その理由は、Windows 7 のシェアが大きいからです。Windows 7は2018年8月時点でなお38.65%とWindows全体の4割近いシェアを抱える。Net Applicationsからの調査によれば、現時点では、Windows 7のシェアが36.52%と減らしています。

Microsoft はこれらの大企業にデバイス単位に課金される有償のサポートでWindows 7の延長サポートを提供することです。

個人ユーザーは対象外です。そのため、早めに、Windows 10への移行をお勧めです。

サポート終了したWindows 7を使い続けると危険

マイクロソフトでは、製品の発売以降に発見されたプログラムの不具合やセキュリティ上の問題点 を修正するため、セキュリティ更新プログラムを提供しています。

ウイルスなどの悪質なプログラムは、こうした問題点利用するため、コンピューターを安全にお使いいただくには、セキュリティ更新プログラムを定期的に適用することが重要です。

マイクロソフトの延長サポートが終了すると、このセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなり、セキュリティ上、大変危険な状態になります。

できる限りサポート期限に余裕のある、最新の Window 10 を使うようにして下さい。