Microsoft Office の変換、パッケージ版からOffice 365の広がりへ

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務職でOfficeソフト はword、 excelなどのパッケージ版であれば十分でしたが、ビジネースの必要に応じて、Microsoft社がクラウド機能を備えたOffice 365を提供しました。

Office 365

なぜマイクロソフト社がOffice 365を提供したのか、その内容を分からないと、今後、オフィスソフトの選択に困るでしょう。こういうことがOfficeの選び方を難しいと感じさせる一因となっているようです。

Office 365はマイクロソフト社のクラウドサービス

Office 365はクラウドを通じて最新のグループウェアサービスと最新のデスクトップアプリケーションを利用できるわけです。
グループウェアサービスは、電子メール、スケジュール、 ドキュメントの共有、オンライン会議、インスタント メッセージング、Web アプリケーション などの生産性を上げるサービスを言います。
デスクトップアプリケーションは、Microsoft Officeのword、 excelなどのことで、今の最新バージョンはOffice 2016です。
Office 2016のパッケージ版という永続ライセンスも存在しますがマイクロソフトのアプリケーションを2台のパソコンにインストールできるしか新機能はあまり追加されていないようです。前のバージョンのOffice 2013と変化が少ないように思われます。

それに対して、Office 365は、最新OfficeソフトをパソコンとMacだけでなく、タブレットとスマートフォンにも利用できます。1ユーザーが最大5台のタブレットと5台のスマートフォンにOfficeをインストールできます。
または、ユーザー 1 人あたり 1 TB のストレージが割り当てられます。ファイルはオンラインで保存されているので、社内外の人との共有、共同編集も可能です。
さらに、ビジネスに役に立つ、オンライン会議ができます。ビジネス版のSkypeでは、最大250名の方が参加できるオンライン会議が開くことができます。

最初は、一般法人向けだけ提供していましたが個人向けOffice 365 Soloが提供されるようになりました。

また、パソコンにプレインストールされているOffice Premium プラスOffice 365 サービスも提供するようになりました。

マイクロソフトのこれらの新機能は、ユーザーをOffice 365へ誘導しているように思われます。

Microsoft Officeは買い切り型からサブスクリプション型へ

Office 365はオフィスの新しい利用方法で、かつてのパッケージ版のオフィスと比べて、二つの大きな変化があります。

1、 常に最新バージョンのOfficeを利用できる。

2、 課金方法は毎月あるいは毎年のサブスクリプション型。

常に最新のOfficeを利用できるという機能は嬉しいですが毎年利用料を払うのはいやでしょう。毎年払い続ければいつかパッケージ版の価格を上回るでしょう。以下の表から両者の5年間で掛かる費用を比較してみましょう。

年数 Office 365 solo パッケージ版
1年目 12,744円 37,584円
2年目 25,488円 37,584円
3年目 38,232円 37,584円
4年目 50,976円 37,584円
5年目 63,720円 37,584円

表のように、Office 365は1年間12,744円で利用できますが3年間以上使い続けると38232円になり、Office 2016パッケージ版の購入価格37,584円を上回るわけです。
マイクロソフトはOffice 365の価格をこのように設定したのは高くないと思います。なぜならば、マイクロソフトは、3年ごとに新しいバージョンを提供して来ました。
パッケージ版の場合、新しいバージョンを使うために、料金を払って購入する必要があります。そのため、さらに37,584円を払うでしょう。
Office 365の場合は、料金を払い続ける限り最新のオフィスを利用できるから3年後に新しいバージョンをそのまま使えます。
ここから分かるのは、ユーザーが3年後に新しいバージョンのオフィスを利用する必要があるか無いかで購入する型式を決まるでしょう。

最後に、今後Office 365 は中心になるように

マイクロソフト社は今までOfficeソフトをユーザーのニーズに応じて更新してきました。
今の最新版のOfficeはOffice 2016であり、購入方法はパッケージ版、Office 365サブスクリプション版、Office Premiumと三つの型式があります。
この中で機能が豊かのはやはりOffice 365でしょう。複数のデバイスで利用できる、いつも最新のオフィスを利用できるなどの機能があり、契約も、解約も簡単で、オフィスソフトを簡単に利用できるようになりました。
Office Premiumでは、Office 365サービスを1年間無料で使えるようにしたのは、ユーザーにOffice 365のメリットを紹介しているように思われる。
いつかマイクロソフトはパッケージ版の提供を停止して、Office 365を中心に提供するようになるでしょう。