同一 PC 環境にOffice 2013とOffice 2016 製品が共存きる!

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Office 2013 と Office 2016 は、同一 PC 内で共存することができない仕様となっておりましたが、2016 年10月、一般ユーザー様向けに、製品の仕様を変更した Office 更新プログラムの配信を開始し、共存することができるようになりました。



最新版のOffice 2016と前のバージョンのOffice 2013は、Click-To-Run(C2R)形式で提供されているため、同一PC内に共存ができない仕様となっておりました。 Office 2013が搭載されているパソコンに Office 2016の製品を追加インストールしたい場合、Office 2013をアンインストールする必要があり、そのままOffice 2016 の製品をインストールすると、自動的に Office 2013 が削除されていました。



個人向け Office 2016 購入に関するご案内

これにより、Office 2013がインストールされている環境に Office 2016 製品が追加インストールできるようになりました。


内容は以下である。

最新版の Office (ビルド番号: [16.0.7369.xxxx]、もしくは [7369] の部分が、[7369] よりも大きい番号) をご利用いただくと、Office 2016 製品と Office 2013 製品を同一の PC にインストールしてご利用いただくことができます。なお、新しい仕様でも、同一製品 (例 Excel 2013 と Excel 2016) は、最新版のみ (例 Excel 2016 のみ) 同一 PC 内に存在させることが可能です。

例)

Office Personal 2013(WordとExcel、Outlook)が搭載されているパソコンに、PowerPoint 2016を購入してインストールすれば、Word と Excel、Outlook は2013で、PowerPointは2016で使えるようになります。

製 品 Office Personal 2013 PowerPoint 2016
アプリ Word 2013 Excel 2013 Outlook 2013 PowerPoint 2016
結果(共存きる) Word 2013 Excel 2013 Outlook 2013 PowerPoint 2016

なお、Office Personal 2013(WordとExcel、Outlook)が搭載されているパソコンにOffice Personal 2016 (Word2016とExcel2016、Outlook2016)を追加インストールした場合、Office Personal 2013は削除され、Office Personal 2016のみが利用可能になります。

製 品 Office Personal 2013 Office Personal 2016
アプリ Word 2013 Excel 2013 Outlook 2013 Word 2016 Excel 2016 Outlook 2016
結果(Office Personal 2016 のみ) Word 2016 Excel 2016 Outlook 2016

つまり、同じ製品の違うバージョンが同時に利用できることはできません。