MacでのMicrosoft Office使用について詳細解説

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macユーザーの多くが、オフィス業務を効率的にこなすためのソフトウェア選びに悩んでいます。「どのソフトが自分のMacに最適なのか」「操作性や機能性に優れたツールはどれか」といった疑問を抱えることは少なくありません。

確かに、Macに対応したオフィスソフトは多岐にわたりますが、すべてが期待通りに機能するわけではありません。互換性の問題や、使い慣れたインターフェースが提供されない場合、作業効率が低下してしまいますよね。

Microsoft OfficeをMacで使うには、Microsoft 365やOffice 2021、Office Onlineなど多くの選択があります。

WordやExcel、PowerPoint 、Outlookをいつも最新版で使用したい場合、サブスクリプション版のMicrosoft 365がおすすめです。

本記事では、MacでのMicrosoft Officeの使用方法、内容と価格の比較、Microsoft 365とOffice 2021の違い、そして無料で利用する方法について詳しく解説します。

MacでOfficeを利用する方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1. MacでのOffice について

Mac Officeとは?

MacでもMicrosoft Officeを利用できます。 Microsoftは、Mac用のOfficeソフトウェアを提供しており、Windowsと同様に利用可能です。

Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどの主要なOfficeアプリケーションがMac用に最適化されており、Mac App StoreやMicrosoft公式サイトからダウンロードして利用できます。

Macユーザーでも、Microsoft Officeを使って高機能な文書作成やデータ管理が可能です。

Mac用Officeの購入方法

Mac用Officeの購入は簡単です。Microsoftの公式サイトやMac App Storeから手軽に購入・ダウンロードが可能です。

公式サイトから「Microsoft 365」サブスクリプションを購入することで、常に最新バージョンのOfficeアプリケーションを利用できます。また、Mac App Storeから直接Officeアプリケーションをダウンロードし、単体で購入することもできます。

Mac用Officeは、公式サイトやMac App Storeから簡単に購入・ダウンロードできます

Mac用OfficeとWindows用Officeの違い

Mac用OfficeとWindows用Officeにはいくつかの違いがあります。

プラットフォームごとに最適化されているため、操作性や機能に若干の違いがあります。

Mac用Officeは、Mac特有のショートカットキーやインターフェースに対応しており、Windows用Officeとは異なる部分があります。

ただし、基本的な機能やファイル互換性は保たれているため、異なるプラットフォーム間でも問題なくファイルを共有できます。

Mac用OfficeとWindows用Officeには違いがありますが、基本的な機能は共通しており、どちらのプラットフォームでも高機能なOfficeアプリケーションを利用できます。

2. MacでOfficeを使用する方法

Microsoft 365とOffice 2021の選択肢

MacでOfficeを使用するためには、以下の2つのオプションがあります:

  • Microsoft 365: サブスクリプション形式で提供されるクラウドベースのサービス。常に最新のバージョンと機能を利用でき、1TBのOneDriveクラウドストレージも含まれます。個人向け、家族向け、学生向け、ビジネス向けなどのプランがあります。
  • Office 2021: 一度購入すれば永久に使用できるライセンスです。インターネット接続がなくても利用でき、追加のクラウドサービスは含まれません。アップデートや新機能の提供はありませんが、基本的な機能は全て利用可能です。

3. Microsoft 365とOffice 2021の違い

特徴Microsoft 365Office 2021
価格月額または年額のサブスクリプション料金一度の購入で永久ライセンス
アップデート常に最新バージョンが提供される購入時のバージョンに固定
アプリケーションWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Teams、その他Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote
クラウドサービス1TBのOneDriveストレージなし
利用可能デバイス数複数デバイス(個人プランで5台まで)購入した2台のデバイスのみ
追加機能Microsoft Teams、OneDrive、最新のAI機能など基本機能のみ

4. 価格の詳細

Microsoft 365の価格

  • Microsoft 365 Personal
    • 月額:¥ 1,490 (税込)
    • 年額:¥ 14,900 (税込)
  • Microsoft 365 Family
    • 月額:¥2,100(税込)
    • 年額:¥21,000(税込)で6人まで利用可能

Office 2021の価格

  • office home & student 2021 for mac
    • 一回払い:¥ 29,980 (税込)
  • Office 2021 Home & Business
    • 一回払い:¥ 43,980 (税込)

5. Mac Officeのアプリケーション内容

主要アプリケーションの機能と用途

  1. Word
    • 文書作成と編集、レポート作成、書式設定など。
    • 高度な編集機能とテンプレートが利用可能。
  2. Excel
    • スプレッドシートの作成と管理、データ分析、関数とグラフの利用。
    • ピボットテーブルやデータビジュアライゼーション機能。
  3. PowerPoint
    • プレゼンテーション作成、スライドデザイン、アニメーションとトランジション。
    • プレゼンテーションモードと共同編集機能。
  4. Outlook
    • メール管理、カレンダーとスケジュール管理、連絡先管理。
    • 統合されたメール検索と整理機能。
  5. OneNote
    • デジタルノート作成、手書き入力、画像とテキストの組み合わせ。
    • クラウド同期と複数デバイスでのアクセス。

6. Mac Officeを無料で使用する方法

MacBookでMicrosoft Officeを無料で使用する方法は限られていますが、いくつかのオプションがあります。これらの方法は、費用をかけずに基本的なプレゼンテーション作成機能を利用するのに役立ちます。

Microsoft Office Online

Webブラウザを使用して、無料でOfficeアプリの基本機能を利用できます。Word、Excel、PowerPointのオンライン版は、基本的な文書作成や編集に十分な機能を提供します。

インターネット接続が必要ですが、特別なソフトウェアのインストールは不要です。オンラインで基本的なOffice機能を利用したい場合に適しています。

無料試用期間

Microsoft 365には、1ヶ月の無料試用期間があります。この期間中に、全ての機能を試すことができます。

試用期間が終了する前に解約すれば、料金は発生しません。試用期間中に、クラウドストレージや最新機能を含む全てのMicrosoft 365の利便性を体験できます。

学校や職場のライセンス

  • 学校や職場がMicrosoft 365のライセンスを提供している場合、そのライセンスを利用して無料でOfficeアプリを使用できます。
  • 学生や教育機関向けに特別なプランもあります。

まとめ MacでのMicrosoft Office使用

MacでMicrosoft Officeを使用するための選択肢には、サブスクリプション形式のMicrosoft 365と、一度の購入で永久ライセンスを取得するOffice 2021があります。

どちらを選ぶかは、最新機能の利用やクラウドサービスの必要性、価格などを考慮して決定すると良いでしょう。また、無料で使用できる方法もいくつかあるので、自分のニーズに合った方法を選ぶと良いでしょう。

人気記事

Tags