Excelの価格ガイド:購入オプションの比較

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Excelは、データ分析、財務計画、レポート作成など、幅広い用途で利用されている表計算ソフトウェアです。

多くの個人や企業がExcelの強力な機能に頼っていますが、このソフトウェアを手に入れる方法は一つではありません。

この記事では、Excelを入手する主な方法とその価格を比較し、各オプションの利点と制限について解説します。

Excel の購入を迷っている方参考にしてください。

Excel(エクセル)の価格比較表

Excel(エクセル)の価格

Excel(エクセル)を購入する方法は色々あります。それぞれの価格と内容を解説します。

Excel 2021 の単体製品の価格

Microsoft Excel 2021の価格 表は以下の通りです。

項目詳細
製品名Microsoft Excel
提供元Microsoft Corporation
利用可能デバイス2台のWindows PCまたはMac
主な機能- データを有益なインサイトに変換 - スプレッドシートを共有し、リアルタイムで一緒に編集
共有と編集ファイルはOneDriveから共有する必要がある
対応OSWindows 11、Windows 10、macOS
価格¥20,590 (税込)
購入オプション今すぐ購入

Excel 2021 の価格は 20,590 です。 Excel は買い切り版ので一度購入すれば永久ライセンスとして使用することができます。

そのため、 別のアプリを使わないので、 計算ソフトだけ使用したい方におすすめ。

サブスクリプションとパッケージの価格

有料でExcelの利用形態には大きく分けて、サブスクリプションサービス(Microsoft 365)と一括購入型パッケージ(Office 2021)を購入します。
Excelの価格は、次のようなものがあります。

Microsoft 365(サブスクリプション)

以下は、 Excel を含む Microsoft 365 のプランと価格です。

プラン名対象ユーザー年間料金月額料金主な特徴
Microsoft 365 Personal個人ユーザー 14,900 円 14,90円 1ユーザー、1TBのOneDriveストレージ、各種Officeアプリ (Word, Excel, PowerPoint等)
Microsoft 365 Family家族(最大6人まで) 21,000 円 21,00 円 最大6ユーザー、各ユーザー1TBのOneDriveストレージ、各種Officeアプリ

Office 2021(パッケージ購入)

以下は、 Excel を含む Office 2021 のプランと価格です。

製品名対象ユーザー一括購入価格主な特徴
Office Home & Student 2021個人ユーザー・学生 29,980 円 Word, Excel, PowerPointを含む、非商用利用限定
Office Home & Business 2021小規模ビジネス43,980 円 Word, Excel, PowerPoint, Outlookを含む、商用利用可能

価格比較と選択のポイント

  • Microsoft 365は定期的に最新の機能アップデートを受けることができ、デバイス間での利用が可能です。また、クラウドストレージが大きなメリットとなっています。
  • Office 2021は一度の購入で永続的に使用できるため、継続的なコストを抑えたいユーザーに適していますが、新機能のアップデートは受けられません。

Microsoft 365 の Excel は、 年間料金 または 月額料金 でご利用できますがOffice 2021 は 一括購入価格 で使います。

それぞれの価格は、 12ヶ月版が 14,900 円 、 21,000 円 。 一括 購入 の 29,980 円 、 43,980 円 です。

Excelサブスクリプション版とパッケージ版の特徴

Excelのサブスクリプション版(Microsoft 365に含まれる)とパッケージ版(Office 2021の一部として購入可能)の特徴を比較する表を以下に示します。これは、どちらの購入オプションが自分のニーズに最適かを決定する際に役立つ情報を提供します。

特徴サブスクリプション版 (Microsoft 365)パッケージ版 (Office 2021)
更新最新の機能へのアクセス、定期的なアップデートと改善が含まれる初期購入時のバージョンに限定、アップデートはセキュリティパッチのみ
価格モデル年間または月間サブスクリプション料金が発生一度の購入で永続的に使用可能
デバイス利用複数デバイスでのインストールと使用が可能(PC、Mac、タブレット、スマートフォン)1ライセンスにつき1デバイスのみ(追加ライセンス購入が必要)
クラウドサービス1TBのOneDriveクラウドストレージが含まれ、どこからでもアクセス可能OneDriveストレージは含まれない
協同作業機能複数のユーザーがリアルタイムでドキュメントの共同編集が可能基本的な共同編集機能のみ
アプリケーションWord, Excel, PowerPoint, Outlook など全ての新機能を利用可能Word, Excel, PowerPointの基本的な機能にアクセス
サポート継続的なテクニカルサポートが含まれる初期サポートのみ、通常は限定的
セキュリティ更新定期的なセキュリティ更新を受けられるセキュリティ更新のみ提供

選択のヒント

サブスクリプション版は、常に最新の機能を利用したいユーザーや複数デバイスを使用するユーザー、また協同作業が多い環境に適しています。また、クラウドストレージへのアクセスや継続的なサポートを重視する場合にも適しています。

パッケージ版は、一度の購入で済ませたいユーザーや、特定の機能に満足しており頻繁な更新を必要としない場合、または追加のサブスクリプション費用を避けたい場合に適しています。

どちらのオプションを選ぶかは、使用状況、ニーズ、予算によって異なります。それぞれのメリットとデメリットをよく考慮した上で最適な選択を行いましょう。

まとめ Excelの価格ガイド

Excelの選択肢は多岐にわたりますが、どのオプションが最適かは使用状況、必要な機能、予算によって異なります。

個人的な使用にはMicrosoft 365 Personalが、家族での使用にはMicrosoft 365 Familyが、そしてビジネスや学業で基本的な機能が必要な場合はOffice 2021が適しているかもしれません。各プランの特徴を理解し、自身のニーズに最適な選択を行ってください。

人気記事

Tags