Microsoft Office 2016と2013 の違いや追加された新機能

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトオフィスの最新バージョンであるOffice2016の変更点や新機能を紹介します。Office2013の後継であるOffice2016は追加機能 や改良点が非常に少ないが共有するための機能が強化されました。

Office 2016と2013 の違い

Office2013とOfiice2016の違い

Office2016は、Office2013と比べて、クラウドサービスとの連携が強化され、ファイルをOne Driveクラウドストレージに簡単に保存ができるようになっており、さまざまなデバイスから作業がしやすくなっています。

また、Office2016では、Word、PowerPoint、OneNoteを使うときに共同編集機能を利用することができます。共有機能を使うことで他ユーザーと同一ドキュメントを共同で編集することが可能になり、リアルタイムで共同作業を行うことが可能になっており、利便性が高くなっています。

Office2016は、タッチ操作用に最適化されています。タッチ操作で簡単にドキュメントの閲覧や編集ができるほか、デジタルインクを使ってメモを書いたり注釈を加えたりすることも可能になっています。

Office2016のデザインについては、Windows版ではOffice2013とほとんど変更はありませんが、Office 2016 for Macについては、Office for Mac 2011と比べて大きく変更しており、リボンUIが全面的に採用されたものになっています。

さらに、Office2016はWindows10との相性がよくなっています。Windows10とOffice2016を組み合わせることにより、より効率的で高い生産性が実現しています。

Microsoft Office 2016における主な新機能

Microsoftの業務用スイートの2016バージョンは、簡単にコラボレーション・共有するための機能が含まれています。 Excelはパワーアップし、Outlookは日常的なタスクを簡素化し、ほとんどのアプリケーションで必要なコマンドを見つけやすくなりました。今回は一部の機能に絞ってご紹介していきます。もちろんこのほかにも新機能は追加されていますので、チェックしてみてください。

Word・Excel・PowerPointのリアルタイム共同編集

Word・Excel・PowerPointでの共同編集が可能になりました。他の人がファイルを開いていても、ファイルを編集することが可能です。

さらにWordではリアルタイム入力というものができるようになりました。今までは保存をしないと相手が編集した内容はわかりませんでしたが、Office2016からは相手の編集内容がそのまま反映されます。

新しいヘルプ機能「テル・ミー」で作業を高速化

ほとんどのアプリケーションにおいてテル・ミー・ボックスは、 何かをする方法がわからない場合でも、重要なタスクを実行するのに役立ちます。画面上部の「実行したい作業を入力してください」のという所に実行したい作業を入力すると、必要な機能を呼び出してくれます。

ファイル共有がもっと簡単に

この「共有」ボタンをクリックすると、ユーザーはファイルをOneDriveなどオンライン上に保存するよう促されます。そしてOffice2016からはOfficeアプリで共有相手の選択が可能になりました!また共有するユーザーが編集可能か、閲覧のみかを選択することが可能です。

Word、Excelのデザインはどのように変わったか

Word2016とWord2013の画面比較

Word2013


Word2016


 

Excel2016とExcel2013の画面比較

Excel2013


Excel2016


ここまで、ニュースリリースの主要な部分を紹介してきました。Office2016についてさらに情報提供を続けて参りますので、定期的にサイトをご確認ください。