Microsoft Office 2019のサポート期限が3年間短縮された!

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Office 2019のサポート期限は2025年10月14日まで。メインストリームサポート期間は5年間(2023年まで)、延長サポート期間は2年間(2025年10月14日まで)。 これまでのマイクロソフトOfficeの延長サポートより3年間短縮された。

Office 2019のサポート期限

マイクロソフトOffice 2019バージョン以前のサポート期限を「Microsoft Office ( 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016) サポート期限一覧」で紹介しました。

今回、Office 2019を含める新しい表を作成してみましょう。Office 2007 の 延長サポートが既に終了しています。

Officeバージョン メインサポート 延長サポート
Office 2003 終了しています 終了しています
Office 2007 終了しています 終了しています
Office 2010 終了しています 2020年10月13日
Office 2013 2018年4月10日 2023年4月11日
Office 2016 2020年10月13日 2025年10月14日
Office 2019 2023年10月10日 2025年10月14日

 

表を見るとすぐわかるように、Office 2019とOffice 2016の延長サポート終了期限が同じですね。両方も2025年10月14日でサポート終了します。

しかし、Office 2016のメインストリームサポート期限は2020年10月13日、Office 2019のメインストリームサポート期限は2023年10月10日となっています。

ということで、Office 2019の延長サポート期限が3年間短縮された!

それでは、メインストリーム サポートとは何でしょうか?ネットから調べて引用しました。

メインストリームサポートとは、MicrosoftがWindowsの発売後に提供するサポート(保守などのサービス)のサイクルのうち、セキュリティ更新プログラムの提供や仕様変更といった主要なサポート業務を提供すること、または、そうした主要サポートを提供する期間のことである。

延長サポートとは?

延長サポートでは、仕様変更や新機能のリクエストは終了しますが、セキュリティ更新プログラムと有償/無償のサポートは提供されます。

元々、マイクロソフトOffice のサポート期限は、製品発売後、最低 5 年間のメインストリーム サポートと、最低 5 年間の延長サポート (合計最低 10 年間) が提供されていました。

今回のOffice 2019バージョンでは、 5 年間のメインストリーム サポートと、2 年間の延長サポート (合計最低 7 年間) が提供されました。

もちろん、Office 2019のサポート期限終了日はまだまだです。