Microsoft Office「Office 365」と「Office 2016」の違い

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MicrosoftのOffice 365とOffice 2016の違いはなんですか?Office 365とOffice 2016の違いが分からないという方が多いようですね。
それぞれを詳しく見ていきましょう。

2013年からマイクロソフトオフィスの新しい利用方法であるOffice 365が登場しました。Office 2016に比べると 何が変わったかということが注目になります。この記事では、Office 365とOffice 2016を 比較して、両者の違いをわかりやすく紹介します。

Office 365(サブスクリプション版)とOffice 2016(パッケージ版)

Office 2016は、元のパッケージ版のように、永続ライセンス型ですので、永久に使えます。対して、Office 365は毎月の利用料を支払うことでサービスを使用できるサブスクリプション版であり、まずライセンス形態に大きな違いがあります。

  Office 365(サブスクリプション版) Office2016(パッケージ版)
課金方法 月額ないしは年額 一括払い
提供形態 POSAないしはオンライン ボックスないしはオンライン
インストール方法 ダウンロードのみ ダウンロードのみ
Windows版とMac版区別されない別々のライセンスが必要
ライセンス認証 ウェブなどでライセンスの無効化、有効化が可能 台数制限を超えると電話による認証
メリット 常に最新のオフィスを使える サポートが終了まで使える
デメリット 次期のバージョンに無料アップできる 次期のバージョンにアップできない

今までの通り、マイクロソフトオフィスを購入して長く使いたい方は、Office2016を選ぶでしょう。逆に、マイクロソフトオフィスを期間限定で利用したいならOffice 365を一ヶ月で契約するとお得になるでしょう。

一括払いと毎月払いの課金方法を違いがある

Office 2016は、一括払いとなりますが、Office 365は毎月払いであり、イニシャルコストを低下します。最初は、「毎月払った方が安い」と感じる方が多いですが実際どちらがお得なのかシミュレーションしてみました。

常に最新バージョンとバージョンアップできないとの違いがある

Office 365はサブスクリプション型ですので毎月の利用料が発生します。その代わりというわけではありませんが、常に最新バージョンのOfficeを使用できるのです。

たとえば、次のバージョンOffice 2019がリリースされれば追加購入などなしでアップグレードすることができます。

対して永続ライセンス型のOffice 2016では最新バージョンへの無料アップグレードは難しいでしょう。理由としては、Office 2016がリリースされた当時それまで当たり前のように提供されていた無料アップグレードが廃止されたからです。

Office 365は最大15台まで、Office2016は2台というインストール台数の違いがある

Office 365とOffice 2016ではインストール台数にも違いがあります。2台のPCにしかOfficeをインストールできないOffice 2016に対し、Office 365ではなんと最大15台にインストールすることができるのです。

Officeアプリケーションとその他のサービスの違いがある

実はOffice 365は、Officeアプリケーションで提供しているサービスだけではありません。Office意外に1TBのクラウドストレージとSwayというプレゼン・レポート作成機能が付帯しています。

これらの違いを表にして比較してみましょう。

  Office365Solo Office365ProPlus Office Personal 2016 Office Home and Business 2016 Office Professional 2016
価格(1年目) 12,107円 15,720円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(2年目) 24,214円 31,440円 30,575円 35,705円 61,355円
価格(3年目) 36,321円 47,160円 30,575円 35,705円 61,355円
Word
Excel
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
無料バージョンアップ
Mac対応 2台 5台
Windows版対応 2台 5台 2台 2台 2台
OneDrive 1TB

まとめ

Office 365とOffice 2016について理解できましたか?
Office 365は、サブスクリプション型で、いつも最新のバージョンを利用できるうえ、Windows版とMac版両方対応するメリットがあります。その反面毎月あるいは毎年課金するので、長期に使い続けるとOffice 2016パッケージ版の費用を上回ることを表から分かります。