Office 365をレビュー!使い心地は?

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Office 2019より生産性が優れているのに、お手頃価格のOffice 365。今回はOffice 365の使い慣れたOffice デスクトップアプリの使い心地をレビュー。常にOffice の最新ツールを使うならOffice 365がオススメです。

Office 365

新しいOffice 2019や継続的に更新されるMicrosoft Office の最新版を利用できるOffice 365 。どちらもインク ツール、データ型、関数、翻訳および編集ツール、モーション グラフィックスなどの機能を利用できます。

これらの新機能が既にOffice 365でアップデートされており、今回新機能をまとめて提供したのは永続ライセンスのOffice 2019です。そのため、常に最新のOffice を使いたい方にオススメしたいのが、Office 365です。

今回はOffice 365の魅力をご紹介します。

Office 365とは

Office 365は、サブスクリプション型のMicrosoft Officeです。契約期間中、クラウド接続により常に最新バージョンの Office デスクトップ アプリが提供されます。

Office 365のインストール要件

Office 365のインストール要件は以下の通りです。 WindowsとmacOSの2種類で確認してみましょう。

CPU Windows: 1.6 GHz 以上、2 コア
macOS: Intel プロセッサ
メモリ Windows: 4GB RAM、2 GB RAM (32 ビット)
macOS: 4 GB RAM
HDD Windows: 使用可能ディスク領域 4.0 GB
macOS: 使用可能ディスク領域 10 GBHFS+ ハード ディスク フォーマット
画面解像度 Windows: 1280 x 768
macOS: 1280 x 800
OS Windows 7、Windows 8.1、 Windows 10
macOS:macOS の 3 つの最新バージョンでサポートされます。

Office 365 の新機能

Office 365 は、常に最新の Word、Excel、PowerPoint、Outlook などを提供しています。作業をどこからでも、どのデバイスからでも進めることができ、アプリは常に最新バージョンです。

その新機能を見ていきましょう。

図形やテキストを自由に

PowerPoint のインク解析が手書きした図形やメモを正確に円や正方形、テキストに変更できます。

Office 365PowerPoint

アイデアをすぐに整理

デジタル ペンで項目のリストを手書きするとPowerPoint が自動的にテキストに変換し、箇条書きを作成します。

PowerPoint

3D モデルが挿入可能

Word、Excel、PowerPoint で 3D オブジェクトを使用してドキュメント、プレゼンテーション、およびレポートの創造性および視覚的なインパクトを高めます。

ジェスチャを使用して文書を簡単に編集できる

タッチ デバイスで作業しているときには、指またはデジタル ペンにより、キーパッドから解放されます。手書き入力や、蛍光ペンの使用だけでなく、インク エディターでは、丸で囲んで選択、バツを付けて削除などの自然なジェスチャを使用することができます。

自分の声でディクテーションを行えます

Word の最高に直感的なツール、Office のディクテーションを利用して会話を行うと、画面にテキストが表示されます。

最新の高度な機能を備えた Office 365

Office 365 のアプリは大きな進化を遂げました。Office 365の新機能を使用して、視覚効果に優れ、かつ魅力的でインパクトのあるドキュメント、ブック、 プレゼンテーションなどを作成できます。Office 365 なら継続的にアップデートされる最新の機能を利用できますのでコストの最適化を図りつつ、管理も楽にしたいなら Office 365 の Office が賢い選択でしょう。