Windows10 32bitと64bitの違いと確認方法

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows10 の32bit版と64bit版の違いや確認する方法を紹介します。 通常は、64bit版のWindows10 がおすすめです。


Windows10

Windows10 の32bitと64bitの違い

bit(ビット)とは、コンピューターが扱うデータの最小単位のことです。bit数が多ければ多いほど、表現できる情報量が増えます。ということで、64bit版の一括処理できるデータ量が32bit版より大きいです。


Windows の32bit版と64bit版でのメモリの上限とドライブ容量の上限の違いは以下の通りです。

  • 32bit版 Windows はメインメモリー容量は4GBまで使える
  • 64bit版 Windows は4GBを超えるメインメモリー容量を使える
  • 32bit版 Windows はパソコンに容量 2TBまで
  • 64bit版 Windows はパソコンに容量 2TB以上

32bit版 Windows は、パソコンに 4GB を超える容量のメインメモリーが搭載されていても容量 4GB までしか使えませんが、64bit版 Windows なら 4GB を超える容量を使えます。同じように、32bit Windows ではパソコンに容量 2TB を超える起動ディスクが搭載されていても容量 2TB までしか使えませんが、64bit版 Windows なら使えます。

Windows10 32bit版、64bit版の確認方法

Windows10 のパソコンを用いて、32bit版か64bit版の確認方法をご紹介します。

1.スタートメニューの「設定」アイコンをクリックします。

Windows10

2.「システム」をクリックします。

 Windows10

3.メニューから「バージョン情報」をクリックします。

 Windows10

4.「システムの種類」から32bit版か64bit版を確認できます。

Windows10 32bit版

この例では「32bit オペレーティングシステム」です。

最後に

新しいパソコンを購入する際に、64 bit 版の購入をオススメします。