Windows 10 でPC の動作が重くて遅い場合の対処方法

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半永久的に最新版が使えるWindows 10。そのWindows 10搭載PCの動作が重い、遅いと感じたときにすべきことを整理しました。特に、Windows 10の起動・立ち上がりや動作速度が遅いなどを簡単な設定変更で軽くする方法を紹介します。

毎回、Windows 10が起動する度に、パソコンの起動が遅い、動作が重いのは、パソコンのスペックが低いや常駐プログラムが多いなどが原因として挙げられますが、実は、簡単な設定変更だけで動作を軽くする方法があります。

今回、Windows 10搭載PCで簡単な設定変更で軽くする方法や各種設定についてご紹介します。

windows-10が遅い

1. Windows 10 の要らないプリインストールされたアプリを削除する

Windows10でプリインストールされている要らないアプリが多いですよね。そんな要らない標準アプリを削除します。やり方は、「Windows Power Shell」というコマンドラインインターフェースに特定のコマンドを入力します。複雑…。

そのため、プリインストールされているストアアプリを、ワンクリックでアンインストールできる「Windows 10 App Remover」をオススメします。 基本的に、アンインストールしたいストアアプリを選択するだけで使うことができるので、難しい知識や設定は一切不要です。

2. アニメーションをオフにする

アニメーションとは、ウィンドウを最小化したり、最小化したウィンドウををなめらかに表示させる効果のことです。Windows 10を使っていて、動作が重く感じるのは、アニメーションがメモリに負担を与えている原因でもありますので無効化にするといいかもしれませんね。

アニメーションを無効化する手順は以下の通りです。

「スタートメニュー」→「設定」→「簡単操作」→「その他のオプション」→「Windowsでアニメーションを再生する」→「オフ」

3.「電源オプション」で「高パフォーマンス」を選択する

たくさんのアプリを同時につかったり、ヘビーな作業をする際に、動作が緩慢になってしまう場合、「電源オプション」で「高パフォーマンス」を選択してみましょう。バッテリーの消費は早くなるものの、負荷の大きい作業を快適に行うことができます。これは設定していない場合は効果が期待できます。

電源プランの設定方法は下記の通りです。

「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「電源オプション」→「電源プランの選択またはカスタマイズ」→「追加プラン(高パフォーマンス)」

4.「視覚効果」を調整してパフォーマンスを設定する

視覚効果の設定を調整して、性能を向上させる場合があります。ただし、過度な期待はしないほうがいいでしょう。

パフォーマンスオプションの設定方法は下記の通りです。

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの詳細設定」→「パフォーマンス」→「パフォーマンスを優先する」

5. 常駐ソフトの無効化 

PC起動時にバックグラウンドで不要なソフトが起動していると、当然リソースを消費するので起動や動作が遅くなります。なので不要な常駐ソフトは停止してください。基本的に、あとからインストールしたソフトはすべて無効にしても問題ありません。

常駐ソフトを確認する方法は下記の通りです。

タスクマネージャーを起動(Ctrl+Alt+Delete)→ スタートアップ → 不要なものを「無効」に変更します。

6. 不要なサービスの停止する

メモリーやCPUの使用率を下げるために下記の方法で不要なサービスを止めます。

サービスの停止するは下記の通りです。

コントロールパネル → 表示方法を小さいアイコン → 管理ツール → サービスの順にクリックします。(Windowsロゴキー+R → services.msc)

7. ディスクで空き容量を増やす

HDDやSSDを長期間利用していると、不要なログ等のファイルが貯まり、ディスク容量が極めて少なくなるとそれだけで読み込みが遅くなります(微妙ですが) なので必要以上にディスク容量を圧迫することで、動作にも影響が生じる可能性があります。

ディスクで空き容量を増やす方法は下記の通りです。

(スタートメニューを右クリック)ディスクの管理 → Cドライブのプロパティ → ディスクのクリーンアップ → どちらもクリーンアップ

Windows10を搭載したパソコンを新規で購入した場合は、パソコンのスペックは現在、大分高いので遅かったり重かったり気になることはないと思います。 その時以上の方法で試してみてはいかがでしょうか。