【これをみたら答えはでる!】Office 365サービスを更新するか否か。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

従来のプレインストール版Office 2013と大きく変わったOffice Premium。Office 365サービスが最初の1年は無料。その無料期間終了後に365サービスのサブスクリプションを更新しないと、wordやExcelは使えなくなるのでしょうか?




OfficePremiumはWordやExcelなどのOfficeソフトとOffice 365サービスの販売がセットになっている。そのOfficeソフトは、永久的に無料で使うことができ、しかも新しいバージョンがリリースされても、無償でグレードアップができる。1年間無料で付く「Office 365サービス」はOfficeソフトとは関係のない部分である。


1年後、利用権であるOffice 365の有効期限が切れるときにメールが送信され、更新を促す。そのとき、更新するか否かは任意である。Officeのソフト本体はPC付属で買っていますので、「Office 365サービス」の更新料を払わなくても、そのまま使える。


「Office 365サービス」の利用できる機能は、
•1 TB 追加容量 OneDrive
•2 台のタブレット端末への Office アプリのインストール
•毎月 60 分の Skype 世界通話プラン
•Office テクニカルサポート (Answer Desk サポート エキスパートによる 1 対 1 のサポート)
と言ったサービスである。


これらの特典のうち、どれも必要なさそうなら、期間終了後に Office 365 サービス Office Premium 搭載 PC 専用ライセンスを別途購入していただくことで、継続してサービスを利用していただくことができる。365サービスを更新するために必要な費用は、税込6,264円。


答えは
Officeソフトだけを使うと十分という方は、更新を無視してもいいよということ。
でも、「Office 365サービス」の4つの特典を使うと思ったら、Microsoft ストアで Office 365 サービス を入手するということだ。