えっ!それホント?Office for Mac 2011は延長サポートがない

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Office for Mac 2011の提供は米国時間の10月10日で終了しました。
でも、メインストリームサポートの終了で、延長サポートがあると思ったら、どうも違うようです。



Office for Mac 2011は延長サポートもなく、2016年1月あたりでメインストリームサポートの終了が予定されていたが、すべてのお客様に標準ライフサイクル移行タイムラインを提供するために、Microsoft Office for Mac 2011 のメインストリーム サポートは2017年10月10日まで延長されていた。

サポート終了後にこれらで脆弱性が発見されても、原則としてセキュリティ更新プログラムが提供されないのでご注意ください。

MicrosoftではOffice for Mac 2011のユーザーに対し、Office 365サブスクリプションまたはOffice for Mac 2016への移行を推奨している。