Office 2016 for Mac の新機能は便利なのがいっぱい!

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Office 2016 for Macは、Office for Mac 2011からは5年ぶり! マイクロソフト「Office 2016」新バージョンの提供に、MacのRetinaディスプレイにも対応しました。

office mac

Office 2016 for Macの対応OSは、Mac OS 10.10以降。

永続ライセンスのラインナップは「Office Home & Student 2016 for Mac」と「Office Home & Business 2016 for Mac」の2種類です。

Office 2016 for Mac に含まれるアプリケーションは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookの6種類です。

新機能は、Wordでは「デザインタブ」の追加。Excelではグラフの推奨機能、オートコンプリート機能、大量のデータをフィルタリングしてパターンの発見に役立てる「PvotTable Sliver」の追加。PowerPointではアニメーションペインの改善など。

Office 2016 for Macの主な変更点

Retinaディスプレイのフルサポート

Mac の Retina ディスプレイで、ドキュメントのテキストや画像がこれまで以上に鮮明になりました。プレゼンテーションの表示も息をのむ美しさです。

各種OneDriveへの対応

Office のユーザー ID でサインインすると、Mac や他のデバイス上のファイルにアクセスできます。

Office for Mac 2011から採用されたリボンUIの配置や大きさ等の大幅な見直し

デザインを一新したリボン メニューでは、各機能が直観的に把握できるように配置され、必要なものをすぐに見つけることができます。

Office 2016 for Macアプリケーションの新機能を見る

Word for Mac

新しい Word for Mac を使えば、最先端の編集機能や校閲機能を使って、洗練された文書を簡単に作成できます。新しい [インサイト] ウィンドウには、Web から自動的に取得された関連するコンテキスト情報が表示されます。

Excel for Mac

新しい Excel for Mac を使えば、数字を意味のある情報に変えることができます。使い慣れたショートカット キーと、数式パレットやオートコンプリートなどのデータ入力の拡張機能で、生産性がすぐに向上します。

PowerPoint for Mac

新しい PowerPoint for Macを使えば、アニメーションのデザインや微調整、スライドのタイミング決めを行って、洗練された作品にしあげることができます。プレゼンテーションを共有し、他のユーザーを招待して、同じプレゼンテーションで同時に作業するのも簡単です。

OneNote for Mac

あらゆるデバイスからアクセスできるデジタル ノートに自分のアイデアを書き込み、整理して、共有できます。強力な検索エンジンで、ノート シール、インデックス、自分が入力したノートを検索し、画像や手書きノート内のテキストも認識できるので、必要な情報をすぐに見つけることができます。

Outlook for Mac

メール、予定表、連絡先、タスクの管理がこれまでにないほど簡単にできます。新しい Outlook for Mac は、プッシュ メール機能に対応しており、受信トレイは常に最新の状態に保たれます。