Office のプロダクトキーを紛失しないように保存する方法

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトOffice製品をインストール、認証をするために必要なプロダクトキー。Office 2013 から箱に入っているDVDを廃棄して、プロダクトキーが書かれた紙になり、紛失される確率が高いと思われる。




マイクロソフト製品をインストールするには必ずも必要なプロダクトキーがある。再インストールやカバリなどをした際に「ライセンス認証」時に入力を求められますので、管理は厳重にしたいものだ。

Officeソフトのプロダクトキーを紛失してしまった時の対処法についてネットから調べるといろいろな記事が書かれていますが基本はマイクロソフトに電話で相談することだ。

プロタクトキーを見つかる場合がありますが、見つからない場合もある。

ということで、まずはプロタクトキーを紛失しない、忘れないように保存する方法を覚えましょう。

インストール用のDVDを作る方法



かつてのOfficeソフトのように、パッケージに入っているDVDを作れば忘れないように保存できるという方も多いでしょう。

Office 2016は、パッケージ版に入っているDVDが廃止され、POSAとダウンロード提供になったため、インストール用のDVDが用意されていません。でも、Office をディスクからインストールする必要が生じた場合、インストール用のディスクを入手できる。

Office 2016のインストールDVDを作る方法


方法 1、 「ディスクを購入」

Microsoft アカウントにサインインして、「ディスクからのインストール」から「ディスクを購入」をクリックするとマイクロソフトから購入できる。こちらは、ソフトウエアをダウンロードしていない場合の作る方法である。マイクロソフトから購入することで3195円かかりる。



方法 2 「ディスクに書き込む」

Microsoft アカウントにサインインして、「ディスクからのインストール」から「ディスクに書き込む」をクリックするとDVDを作れる。こちらは、ソフトウェアをダウンロードして、自分でディスクに書き込むことである。



せっかくDVDを作りましたがいつか見つからない可能性があるという方にもっと簡単な保存方法を紹介します。しかも、無料だよ。

Microsoft アカウントからプロタクトキーを見つかる

Office2016のCDキーでも、Microsoft アカウントを作っておけば、ネット経由のインストールが可能です。Microsoft アカウントとパスワードさえ保存しておけばよいのだから、物理的メディアもパッケージも捨てて構いません。慣れれば、そのほうがずっと楽だよ。

Microsoft アカウントでインストールに必要なプロダクトキーが保存されている。

それを見つかるには、Microsoft アカウントとパスワードが必要だ。
ということで、一番大事なのはMicrosoft アカウントパスワードを忘れないように設定する方法だ。

方法1 Microsoft アカウントのメールアドレスを忘れないように設定する。
方法2 このメールアドレスを利用していくつかの友達にメールを送って、他人のパソコンに保存する。

万が一、Microsoft アカウントのメールアドレスを忘れた場合友達から送信したメールを見つかるでしょう。

Microsoft アカウントを分かっていれば、パスワードを忘れてもマイクロソフトから相談して探すこともできるからだ。

Office 2016 のプロダクトキーを紛失した場合の対処方法



この記事では、マイクロソフトのアカウントからプロダクトキーを見つかる操作方法を紹介している。

Officeを紐づけたMicrosoft アカウントを忘れた場合の対処方法

この記事では、複数のマイクロソフトアカウントをお用いている場合、どれを使ったかを分からないときの対処方法だ。


いかがでしょうか?
Office 2016 のプロダクトキーを保存する方法と忘れた場合の対処方法をまとめした。
これらの方法を覚えておけばプロダクトキーを紛失することに心配ないでしょう。
Officeプロダクトキーをきちんと保存したい人は、ぜひブックマークを。