Windows 10 ダウンロード ・ インストール ・ ライセンス認証方法

投稿者 |

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 10 をインストールするためのプロダクトキーが必要です。
そして、Window 10の「MediaCreationTool」をダウンロードしてDVDやUSBメモリでインストールする。
以下に Windows 10 のインストールしてライセンス認証ついて解説していきます。

Windows 10 の「メディア作成ツール」を ダウンロード する

Windows 10 用の「メディア作成ツール」は以下のサイトから ダウンロード してください。
Windows 10 を入手する(マイクロソフト)

Windows 10のプロタクトキーを入手する。


「Windows 10 を入手する」ページからメディア作成ツールをダウンロードする

「Windows 10 を入手する」ページからメディア作成ツールをダウンロードする
まずはWebブラウザで「Windows 10 を入手する」ページを開く。Windows 7以降なら、どのクライアントWindows OS上で実行してもよい。
(1)[ツールをいますぐダウンロード]をクリックして、メディア作成ツール(MediaCreationTool.exe)をダウンロードする。

なお、作業の途中でインストールイメージや更新プログラムのダウンロードなどを行うため、以後の作業は全てインターネットに接続された状態で行う必要がある。

Windows 10 インストール 用USBメモリをツールで作成する

ダウンロードしたメディア作成ツール(MediaCreationTool.exe)を起動すると、「Windows 10 セットアップ」というウィザードが始まるので、以下の手順で進めていく。

Windows 10
Windows 10 の インストール 用USBメモリを作成する(その1)
これはメディア作成ツールを起動して最初に表示される画面。インストール用メディアを作成するだけなら、どのWindows OS上で実行してもよい。ライセンス条項を確認したら、[同意する]ボタンをクリックして次に進む。

Windows 10
Windows 10 の インストール 用USBメモリを作成する(その2)
ここではツールの利用方法を選択する。
  (1)こちらを選択すると、このPCに直接Windows 10をアップグレードインストールすることになる。
  (2)インストール用メディアを作成するため、こちらを選んで先へ進んでください。

Windows 10
Windows 10 の インストール 用USBメモリを作成する(その3)
ここではWindows 10の言語やエディション、アーキテクチャを選択する。
  (3)デフォルトでは[この PC におすすめのオプションを使う]にチェックが入っていて、ツールを実行しているPCに合わせて自動的に(4)~(6)が選択される(手動で変更できない)。多数のPCにインストールする予定があるなら、このチェックを外し、手動で(6)を[両方]にすることをおすすめする(後述)。
  (4)日本語を選択する。
  (5)確認した限りでは、ここは[Windows 10]しか選択できず、HomeとProのどちらのエディションもインストールできる両用版のイメージが必ず作成される。どちらをインストールするかは、Windows 10のインストール中に選択する。なお無償アップグレードでは、元のWindows 7/8.1のエディションによってアップグレード可能なWindows 10のエディションは決まっており、異なるエディションには変更できない(Windows 10の新規ライセンスを購入して、アップグレードすることは可能)。
  (6)アーキテクチャ(32bit版か64bit版か)の選択。多数のPCにインストールする予定があるなら、両方のバイナリを含むようにしておくと、1つだけで済むので便利だ。ただし、6GB以上のUSBメモリやDVD-Rなどが必要になる。本稿では[両方]を選んで進めることにする。
  (7)[次へ]ボタンを押すと、エディションの選択に関する警告メッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックして次へ進む。

Windows 10
Windows 10 の インストール 用USBメモリを作成する(その4)
インストールイメージの作成先を選択する。
  (8)USBメモリを作成する場合はこれを選択する。ここでは、こちらを選んで進める。
  (9)必要なUSBメモリの容量(空き容量ではなく全容量)。「32bit版」か「64bit版」なら3GB以上、両用版なら6GB以上が必要である。
  (10)ISOファイルやDVD-Rを作成したい場合はこれを選択する。

Windows 10
Windows 10のインストール用USBメモリを作成する(その5)>
書き込み可能なリムーバブルドライブの一覧が表示されるので、適切なドライブを選択する。元のUSBメモリの内容は全て消去されるので(FAT32形式でフォーマットされる)、必要ならあらかじめバックアップをしておくこと。
  (11)この画面が表示された後にUSBメモリを挿入した場合は、これをクリックして(12)を更新する。
  (12)検出されたリムーバブルドライブの一覧。用意したUSBメモリのドライブを適切に選択する。
  (13)[次へ]ボタンをクリックすると、Windows 10のイメージのダウンロードと展開、USBメモリの消去と書き込みが行われる。

Windows 10
Windows 10のインストール用USBメモリを作成する(その6)
Windows 10のイメージのダウンロードと検証、展開、書き込み先のフォーマット、ファイルの書き込みまでが自動的に行われる。環境にもよるが、1時間もかからない。次の画面が表示されるまで待つ。

Windows 10
Windows 10のインストール用USBメモリを作成する(その7)
書き込みが完了するとこのように表示されるので、そのままUSBメモリのドライブを開いてアップグレード作業を始めてもよいし、他のシステムのアップグレード作業に使ってもよい。
  (14)これをクリックすると、書き込まれたドライブがエクスプローラーで開かれる。

Windows 10 の インストール 用DVD-R/ISOイメージファイルをツールで作成する

以上の例ではUSBメモリを作成したが、DVD-Rに書き込んだり、(仮想マシンなどで利用するために)ISOイメージファイルを作成したりできる。
ISOイメージファイルを作成するには「使用するメディアを選んでください」の画面で[ISOファイル]を選択する。

Windows 10
Windows 10のインストール用ISOイメージを作成する(その1)
ISOファイルを直接利用する場合だけでなく、DVD-Rに書き込む場合も、まずISOファイルを作成しておく必要がある。
  (1)こちらを選択してISOファイルを作成する。
  (2)[次へ]ボタンをクリックすると、作成するISOファイルの保存先を指定するダイアログが表示されるので、適当なフォルダ名とファイル名(拡張子は.ISOにすること)を指定する。その後は、Windows 10のイメージのダウンロードと展開、ISOファイルへの書き込みが行われる。

Windows 10
Windows 10のインストール用ISOイメージを作成する(その2)
ISOファイルの作成が完了すると、このような画面が表示されるので、必要なら自分でDVD-Rに書き込むこと。ISOファイルをDVD-Rなどに書き込むためには、Windows OS標準の書き込み機能が利用できる。
  (3)作成したISOファイルのパス名。これをクリックすると、エクスプローラーでこの場所が開かれるので、仮想マシンにマウントするなどして利用する。
  (4)ISOファイルをDVD-Rに書き込むにはこれをクリックする。するとWindows標準の「ISOBURN」という書き込み用コマンドのヘルプが表示される。その指示に従うか、あるいはISOファイルを右クリックしてポップアップメニューから[ディスクイメージの書き込み]をクリックして、DVD-Rに書き込むこと。

Windows 10 のインストール 手順

1. インストールDVDを挿入しての直接起動

コンピューターの電源を入れ、光学ドライブへ Windows 10 の インストール DVDを挿入します。画面に「Press any Key to boot From CD or DVD...」と表示されましたら、表示されている間に「スペース」キーなど何かキーボードのキーを何度か押します。

※Windowsインストールメディアを挿入するタイミングで表示が出てこない場合、そのままコンピューターを再起動し、表示がされたら同様にキーボードの操作をします。
インストールDVDを挿入しての直接起動

2. インストール言語の選択

下記画面になりましたら各項目を確認の上、変更項目がなければそのまま[次へ(N)]をクリックします。 (上から「日本語」「日本語(日本)」「Microsoft IME」「日本語キーボード(106/109キー)」の設定です)
インストール言語の選択

3. Windows 10 の インストール 開始

画面中央部に表示されている[今すぐインストール(I)]をクリックします。
Windows 10 のインストール

4. [プロダクトキーがありません]をクリックしてください。

プロダクトキーを持っていても、ここに入れないでください。
マザーボード交換歴がない場合、マザーボード上に内蔵されたプロダクトキーで識別するので、ステップ5、6が表示されず、そのままステップ7に進みます。

プロダクトキーの入力

[次へ]をクリックします。

プロダクトキーの入力

5. ライセンス条項の確認

ソフトウェアライセンス条項が表示されますので、お読みいただき、[同意します(A)]にチェックを入れて[次へ(N)]をクリックしてください。
ライセンス条項の確認

6. インストールの種類の選択

インストール方法の選択画面となります。[カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)(C)]を選択します。
インストールの種類の選択

7. インストール場所の選択

ここでパーティションの削除の作業を行いますと、削除を行なったパーティション内のデータはすべて消去されます。 削除する前に、大事なデータのバックアップし忘れが無いか、ご確認下さい。

ウインドウ右下の「ドライブオプション(詳細)(A)」をクリックしますと、下記のような画面に変わります。 Windows 10 が インストール されているパーティション(下記の場合は951.5GBのドライブ0パーティション2)にカーソルを合わせて「削除(D)」をクリックします。 削除をするかどうか確認の画面が表示されますので「はい」をクリックします。 次に「システムで予約済み」と書かれているパーティション(下記の場合は500MBのドライブ0パーティション1)に合わせ、同様に削除を実行します。
パーティションの削除

※500MBのパーティションは、Windowsの起動に使用される特殊なパーティションです。

削除が完了すると、下記のような画面になります。削除したら、「未割り当て領域」にカーソルを合わせて、そのまま「次へ(N)」をクリックしてください。
インストール場所の選択

※500MBのパーティションとWindowsがインストールされるパーティションは自動的に作成されます。

8. Windows 10 の インストール 開始

Windows 10 のインストール画面となり、数十分間はDVDドライブからHDDへファイルがコピーされ インストール が進みます。 インストール途中、数回再起動されますがその間は何もしないでください。
Windows 10のインストール開始

9. コンピューターの初期設定

Windowsの設定を行います。PCのご利用において特殊な設定などがなければ、[簡単設定を使う(E)]をクリックしてください。
コンピュータ名の設定

10. パソコンの所有者の設定

通常は「私が所有しています」をクリックして、[次へ]を押して下さい。
パソコンの所有者の設定

11. ログイン アカウントの設定

Microsoftアカウントでログインしたい場合は、こちらにお客様Microsoftアカウントを入力してサイインをすると、 Windows 10 の インストール は完了となります。ローカルアカウントでご利用されたい場合は、「この手順をスキップ」をクリックし、次の手順へ進みます。
ログインアカウントの設定

12. ユーザー名とパスワードの設定(ローカルアカウントの作成)

ユーザー名とパスワードの入力を行い[完了(F)]をクリックします。 
ユーザー名とパスワードの設定

13. Windows 10 の インストール 完了

設定が完了してしばらくしますと、Windows 10のスタート画面が表示されます。スタート画面が表示されましたらWindows 10部分のインストールは完了。

スタート画面

Windows 10 の インストール が完了しましたら、購入時に付属の「eX.computer Desktop Driver Disk」を使用してデバイスドライバーのインストールを行ってください。